より綺麗に多種多彩なハトメ穴を縫製できるようになりました

ボタンホールの種類

普段何気なく使っているボタンホール縫製。よく観察されたことはありますか?
実はボタンホール縫製にはざっくり分けて

・ハトメ穴
・流れ閂ハトメ穴
・ネムリハトメ
・流れ閂ネムリハトメ

の4種類があります。


丸い穴が先についているものがハトメ、丸い部分を鳩目と呼ぶのでハトメボタンホール縫製と呼びます。丸い部分はちょうどボタンがとまる所です。
丸い穴がついていないものがネムリハトメボタンホール縫製と呼びます。
鳩目は有りませんがハトメと呼ぶのは、ハトメボタンホールの縫製機械で縫製する鳩目の無いネムリボタンホールだからです。

機械が無い時代はポンチで鳩目の穴を開けてから鏨で切れ目を入れ、糸と手縫い針で編みながら縫っていたのです。現在も高級紳士服の縫製はミシンを殆ど使わないのが原則なので、穴かがり(ボタンホール)も昔のように手縫いで編んでかがります。
その手縫いの編み方を機械で再現したのがハトメボタンホール縫製機器です。機械でも編み縫いしますので構造は環縫いミシンになります。
その環縫いハトメボタンホールミシンでネムリハトメボタンホールも縫製するので、通常のネムリホール(シャツ穴かがり)と区別するためにハトメという名称が付いています。

ハトメボタンホール縫製は端を閂止め(カン止め)してあるものと、流れ閂(デニムやワークウェアー等で多用されています)で端を終わらせている物があり、その名前の通り流れるように先が尖った閂という意味で流れ閂と呼ばれています。
これをそれぞれ組み合わせて4種類に分かれるというわけなんです。

基本的には厚めの生地にはハトメ、薄い~普通の生地にはネムリ、カッチリとした印象の服にはハトメ、カジュアルな服にはハトメ流れといったような使い分けになりますが、洋服のデザインやボタンのデザインにより基本通りで無い使い方をしたりして様々な種類のボタンホール縫製を行います。

今回導入した機械はその種類の変更が簡単で素早く電子的に行える様になった特殊縫製機器です。

大きさや種類も自由自在に縫製できる特殊縫製機器です

見てください、この綺麗な立体感。
terao-f(テラオエフ)のハトメボタンホール縫製ミシンがリニューアルし、以前のものより綺麗に細かく縫製できるようになりました。
大きさや種類もコントロールパネルで切替調整できるのでお客様のオーダーにも細かくそして素早く対応することが可能です。
また、より高度なボタンホール対応を求められる先メスボタンホールに簡単に変更が可能になりました。
注意:難素材や極薄素材、目付等に寄っては先メスボタンホールは不可能な時が有ります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*