縫製メーカー新人レポート(1) 洗濯ネーム作成

初めまして!㈱テラオエフ 営業担当のOと申します。

2018年新入社員として入社致しました。

まだ入って間もないですが、弊社の特徴や感じたことを新人目線でお伝えしていきます。

洗濯ネーム・ラベル印刷機器

 

弊社は主に婦人服を対象に、自社の製品企画だけでなくOEM事業に携わる会社です。

また、縫製工場とCAD CAMも持ち構える点は、全国でも稀な存在です。

そんな当社の小さな特徴のひとつであるのが以下の洗濯ネーム・ラベル印刷機器です。

OEM企業の中でもこの機械がある会社はなかなかありません。

 

洗濯ネーム・ラベル印刷機:PX521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この機械は3代目になります。

新人になってすぐやり方を教わりました。

 

ラベル印刷機につながる専用パソコン

 

こちらのウィンドウズパソコンから入力をします。

 

まずはこのように会社情報を記入します

平成28年12月からリニューアルされた新表示にも、対応しています

 

 

 

 

そしてこの内容で出力してみますと……

 

 

 

出来上がりです!

デニムやレースなど素材によって、内容が変わります

 

たとえハンドメイドや中古品であっても、商品として販売する際に、これらの表示は義務になります。

洗濯ネームをつけなかったり、標準通りの表示をしない事業者があった場合、行政から指導があり罰金の場合もあるのです。

 

洗濯ネーム印刷機がある強み

 

この機械と工場がある当社は小ロットでも早く対応できます。

追加枚数や内容変更も同様です。

弊社は工場もあることから、出来上がった洗濯ネームをすぐ製品につけることが出来ます。

工場が量産などで忙しい時は、私が自ら洗濯ネームを商品にミシンでつけることもあります。

 

この機械がテラオエフのスピーディーな生産の力になっているのです。

 

 

 

 

これからも、このような新人の私たちが驚いた、勉強になった、感動したアパレル縫製メーカーの体験談や情報を、発信していきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*